スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

The Sign 第二話 --- ストーカー ---

プロンテラ北に拡がる広大な森

そこは迷宮の森と呼ばれている…



アルデバランのヨルニムから賢者の石の秘密を知るであろう
人物を探すように依頼された私はその森へ足を踏み出した

しばし森の中を探索していると…

ガサッ

物音が聞こえた方向に目をやると…

『ヒッ』

少女だ…

逃げる少女

何かに怯えたような瞳で私を見ると、森の奥へと姿を隠す…

『待て』

そんな声が届くわけもなく私は彼女の後を追う…

………………………………………………

『はぁはぁ なんなのさっきの怪しい男は…』

サングラスにマスクをつけた男の姿に彼女は恐怖したのだった…

『ふぅ やっと見つけた…』

『ヒィ 追ってきたーーー』

攻撃する少女

相手は凶悪なストーカーだ遠慮する必要はない!!

しかし…

ザシュザシュ…

『いきなり何をするんだ…』

突如、襲い掛かるMobを撃退し彼女とその父親に話をすることに

………………………………………………

なにやら怯えた表情が気になったが必要な情報を聞き出し
その場を後にする…

…そういえば

モンスターに襲われその返り血を浴びた私の姿はどのように
見えたのだろうか?

そうだ…あの時使った血まみれの短剣も整備しなくては…

………………………………………………

再びアルデバランのヨルニムを訪ね情報を伝える

そしてかけらを受けとった私は次なる目的地ゲフェンへ

酔っ払い

そこで話しかけてきた酔っ払いに学力で勝負を挑まれることに…
勝てばかけらを渡すと言う

ふっ 愚かな女だ…カンニングしている私に勝てるわけがあるまいに…

そして…

『私の完敗よ…』

目的のかけらを手に入れて

『ギャンブル好きな男だから、どこに居るかは知らないわ』

次の人物は果たして?

--- To Be Continued!! ---
2006-04-14(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

白くん

Author:白くん
ラグナロクのLydia鯖に
生息しています。
リンクフリーですが
連絡ください
コメント待ってまーす

Counter

時計

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
著作権について

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、 運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と 開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 (c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved. (c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

友ぽん@魔導騎士
魔導騎士イラスト
ブログランキング

ぶろぐらんきんぐ

ランキング参加ちう
RMT・BOT反対運動

RMT反対

BOT反対

アカウントハッキングにもご注意ください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。